相続・遺言



遺言

 遺言は、自分の財産の何をだれに譲るかを亡くなる前に指定しておく文書です。「自筆証書遺言」、「公正証書遺言」、「秘密証書遺言」などがあります。

自筆証書遺言

 この遺言では、全文を自分で書きます。用紙の種類や大きさ、筆記具などは自由ですが、日付、署名と押印が必要です。代筆やワープロによるものは無効となります。


公正証書遺言

 公正証書遺言とは、公証人役場で作成する遺言書のことです。公正証書遺言は、字が書けない方でも作成することができます。また、遺言書の原本を公証人役場で保管するため、偽造や変造の恐れがありません。裁判での検認手続き(1か月程度)が不要になるため、すぐ財産を分けられます。

 相続財産に応じて公証人への手数料がかかります。


秘密証書遺言

 遺言書の本文はワープロや代筆によるものでも構いませんが、自らその証書に署名、捺印して封筒に入れ、その印と同じ印で封印を押します。それを持って2名以上の証人と共に公証人役場へ行き、公証人に提出し、封書に遺言者本人、証人、公証人が署名捺印して完成します。

 この遺言書は遺言の内容を秘密にできるというメリットはありますが、公証人により遺言の存在を証明してもらった後は、自分で保管しなければいけません。


相続

 相続は、だれかが亡くなった後に、遺族(相続人)で行う財産の譲り受けです。相続人の家族構成、財産の種類や金額、遺言の有無などによって相続のパターンは異なります。大きな流れや手続きは次のようになります。



相続の開始と遺産分割協議書

 相続でまず必要なのは、

(1)相続人の特定(相続を放棄する人、相続させない人、認知して相続人とする人などを決めます)
(2)相続財産の特定(土地、株などを評価し、財産目録をつくります)
などの手続きです。
 
(1)遺言があっても内容が不完全な場合
(2)遺言があっても相続人全員が遺産分割協議をすることに同意した場合
(3)遺言がない場合
は相続人全員で遺産分割協議を行い、遺産の分け方を「遺産分割協議書」にまとめます。

当オフィスでは、遺言や相続の相談を受けております。お気軽にご相談ください。


ホームへ戻る