永住希望の方へ



永住許可

 永住許可を取得するには、
・10年以上在留していること(うち5年以上は就労資格や日本人の配偶者等、定住者などの資格で滞在していること)
・自分や家族が安定した収入を得ていること
・日本に生活の基盤があること
―などが条件となります。

 次の人は居住期間が10年より短くても申請できます。
・日本人の配偶者(実質的な結婚生活3年かつ日本居住1年)
・日本人や永住者の子供(日本居住1年)
・定住者(日本居住5年)


(永住についてもっと詳しく知る)



帰化

 5年以上日本へ住み、自分や配偶者が安定した生計を立てている場合、日本国籍を取得できるかもしれません。

 帰化の手続きでは膨大な証拠書類を提出し、結果が出るまで長ければ1年近くかかります。当オフィスはスムーズに法務局へ帰化申請できるよう手助けします。


(帰化についてもっと詳しく知る)


永住か帰化か

 帰化の手続きをする前に、日本国民になるメリットとデメリットをよくご検討ください。日本は二重国籍を認めないため、自分の故郷の国籍を持ち続けるために「永住者」資格のままで過ごす人もいます。


メール相談

ホームへ戻る