求職中の方へ

就労系の在留資格について


 たとえ日本の会社があなたを雇っても、それだけで就労の在留資格がもらえるわけではありません。就労系の在留資格を取るためには、働く職種に関係した職歴や学歴をあなたが持っていなければいけないからです。そして、就労系の在留資格で働ける職種は限られています。

 当オフィスは、個人や企業の事情に応じて、就労ビザが取得できるかどうかをカウンセリングします。

 就職の条件に問題がなくても、それまでの日本での素行に問題があると判断された場合、不許可となることがあります。心当たりのある方は、ぜひご相談ください。

 大学や専門学校を卒業して「留学」資格が期限切れになる人は、在留期間が6か月の「特定活動」資格に変更することで就職活動を続けることができます。(在留期間は1回更新できるので、最大1年間滞在できます)。もし企業から内定を受けても、採用される日までの期間、日本に滞在し続けることもできます。 詳しくは在留資格をご覧ください。



メール相談

ホームへ戻る