企業の方へ



外国人採用のポイント

 外国籍の方を雇うときには、その職務内容が、入管の定める就労の在留資格にマッチしているかどうかを確かめることが大切です。就職しても在留資格を取れず、帰国するというトラブルが起こることもあります。

 当オフィスを利用するメリットは次の通りです。

(1) 入社する方の職務内容が就労資格の基準を満たしているかどうかを確認します。そのため安心して外国籍の方を雇用できます。

(2) 在留資格の申請にどのような書類が必要かをアドバイスします。添付書類は事例に応じて変わります。行政書士に任せれば、申請準備を比較的短時間で行えます。

(3) 依頼人に代わって書類を作成、代行申請します。外国人や会社の担当者が就業時間中に入国管理局へ何度も行く必要がないため、時間が節約できます。


技能実習生を受け入れる方へ



在留資格「技能実習」は基本的に、次のような形で企業に受け入れられる場合に与えられます。

(1) 日本の企業が海外の関連会社や取引先企業から従業員を受け入れる(企業単独型

(2) 日本の企業でつくる事業協同組合が、外国の送り出し機関を通じてその登録者を受け入れる(団体監理型
 当オフィスは、技能実習生受け入れの実務を円滑に進めるお手伝いをします。


ホームへ戻る